屋根施工終わりが見えてきた

090805 アスファルトあと一日 015

太陽じりじり

頭くらくら

体ふらふら

靴のソールを二重にしないと立っていることもままならない。
屋根の施工は苦行だ。

ここ数日は、屋根の上でアスファルトシングルを施工している。
なかなか進まない。暑い。
我々は京都炭山朝倉木工。本業は家具屋なので木を扱う仕事は大体イメージ通りのペースでこれまで進んできたが、この屋根の施工の大変さは大きな誤算。だがやっと終わりが見えてきた。
嬉しい。

明日は棟換気システムを組む。



090805 アスファルトあと一日 011
シングルセメントを塗布
090805 アスファルトあと一日 007
綺麗に施工するためには墨付けは欠かせない。
京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
Posted by 京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
投稿 2009年08月05日
最終更新 -0001年11月30日
-->