基礎④-2 左官


左官

この建物は、基礎土間天が工場の床になる。
できるだけ平らでなめらかに仕上げたい。
左官屋さんにカンジキをはいてなかに入ってもらう。
壁塗り程度なら経験があるが土間左官は真似できない技術。

打ちたてのコンクリートがある程度固まって人がのれるようになったら
表面の乾き具合をみながらコテでおさえていく。
タイミングを見定めるのがむずかしいそう。
思わず触りたくなる滑らかさに仕上がった。

全体流し終わり     手元 
↑コンクリート打ち終わり。コテ押さえ前

京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
Posted by 京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
投稿 2009年05月19日
最終更新 -0001年11月30日
-->