京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

栗のテレビボード 本棚付き 

2016-04-27 ●047
2016-04-27 ●034
栗でテレビボード(本棚付き)をつくった。

今回チャレンジしたことは鏡板に柾目を使用したこと。
すごく落ち着いた雰囲気になり僕にとってはかなり新鮮な面構えなのです。
綺麗な縮み杢の柾目なのでさらに良いです。
相対的に抽斗の前板の板目も映えています。
抽斗取手はうるしの焼き付けです。

いや~栗材綺麗だな~優しい感じ。
最近は栗を好んで使っています。

オーダー: 納品前、ここには背の高い本棚とテレビをのせる台と小棚がありました。
       依頼主はその本棚が大きすぎること、背が高すぎること、ガラスで中身が見えることがあまり気に入っておらず、
       またそのとなりのTVゾーンとのまとまりをどうしたものか、とご相談くださいました。 

納品 :  高さ1560ミリ。隣に立ってみると、目線ぐらいから下に重心を持ってまとまりがあり、写真で見るより小ぶり。
       座の目線からみても落ち着くことができるリビングになりました。

2016-04-27 ●043
2016-04-27 ●054
関連記事
trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。