京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

炬燵の天板 ウォールナット 

2015-10-12 043
2015-10-12 008
ウォールナットで炬燵の天板をつくった。
実はずっと避けていた炬燵の天板。
無垢の木の板にとってはかなり過酷。片側だけが熱に晒され続けるのは
かなり厳しい。しかもこたつ板なので裏側に反り止めは付けられない・・・
なかなか悩ましいテーマなのです。
でも雰囲気の良い炬燵の天板ってあまりないですね。問い合わせは結構あります。
2015-10-12 007
2015-10-12 031
端バメという技法で反りを抑えることにしました。
ホゾやコネは接着せず込栓で胴付には吸い付き続ける様に加工します。
これ言葉にしても伝わらないですね。

一枚の無垢の板の反りの止め方としては幕板のように出っ張るところなく、
框組に鏡板の時のように伸縮を逃がすスリットも設けなくて済むので
加工は大変ですがすっきり使いやすく纏まります。
これも言葉にすると伝わらないですね。

リバーシブルで使えるようにしています。
裏面は平面仕上げ。
反りは完全には押さえつけられないので反ったら裏返して使います。

それにしても綺麗ウォールナット。
わんこは話にきいていたよりうんと大きくてド迫力でした。
でももふもふでとてもかわいかったです。。
関連記事
trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret