京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

トーチェア 

2015-11-02 015
この秋完成予定のトーチェアが形になってきた。嬉しい。

この椅子は私の作品の中でもダントツに手間暇がかかる。
とにかく部材が多い。
特に背中のスピンドルを丸めるのが過酷です。一本づつ鉋で削って丸く仕上げます。
ただ丸く削るだけなら良いが一か所づつホゾの固さを調整するのがこれまた大変。

三人よれば文殊の知恵じゃないけど、
スピンドルは16本もあるのでちょっとでもホゾが固いと
組立途中でびくとも動かなくなってしまう事があります。
過去に一度泣いた経験があるので慎重になります。

大好きな椅子なので、意気揚々とつくり始めるのですが
いつもだんだん疲れてきてブツブツ言ってしまいます。
でも無事組み上がるとパーッと晴れやかな気持ちになります。

まだ途中ですが美しいたたずまいです。
ここで朝日が工房に入って来て、逆光気味に照らされたら
最高に綺麗なのだけどこの日は残念ながら雨模様。

でもいくらでも眺めていられます。
関連記事
trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret