京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

ナラの大テーブル3m50cm バンビチェア 

2014-12-28 046
ナラ材の仕事が続きます。
3500ミリの3枚接ぎ。2分割できるのですが木目は綺麗に繋がっています。
脚は角の末広がり胴張。
建築は明治初年創業の工務店大彦。和と洋のバランスが絶妙です。

年齢的なものもあるのか趣味に変化が生じ始めていて
この建築のような和の素材、仕事に心惹かれます。
炭山の自邸も大壁で収めたところを一部真壁に納め直して入るところ。
(家具の本業優先なのでしばらく頓挫してますが・・・。)

2014-12-28 090
普段使いは2100のテーブルにバンビチェア6脚。フローリングは栗。

2014-12-28 065
片割れの1400のテーブルはバラして組み直して部屋のコーナーに
玉縁の甲板を乗せて飾棚として使用します。
奥のテーブルは依頼主の仕事、打ち合わせスペース。ウォールナットのブックマッチです。
関連記事
trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret