FC2ブログ

京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

栃の耳付きダイニングテーブル 

IMG_3969.jpg
栃の耳付きダイニングテーブルをつくった。
今回チャレンジしたのは耳付きテーブルの四隅ギリギリに脚幕を配置すること。
耳付きテーブルは下手すると野暮ったい山小屋風になってしまうので
脚幕の配置に特に気を使ってデザインします。ほんの数ミリの違いでものすごく雰囲気が変わります。
例えるならジーンズのすその長さ。
ちょい長め、ジャストな長さ、くるぶし丈、大分イメージ変わるでしょ。それです。
IMG_3996.jpg
IMG_3951.jpg
天板も脚幕もともに荒々しい縮み杢。伝統工芸で使うようなお行儀良く並んだ縮み杢も良いけど、栃はこういう節や根杢のからんだ荒々しい縮み杢に魅力を感じます。
テンションアップで鉋がけに臨みます。が久々に手強い天板でした。

IMG_4021.jpg
木のテーブルは美味しそうな料理がさらに美味しそうに見えます。
そしてとても美味しかったです。ごちそうさまでした。

今回の依頼主は大学時代の先輩。
家主の匂いがにじみ出た落ち着いた素敵な空間でした。
さつき荘という同じアパートに住んでいた当時が懐かしく思い出されました。
夏の終わりはセンチメンタルな気分についなってしまいます。
関連記事
trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。