ウォールナット 木のドアー制作にまつわる話 その1

IMG_3624.jpg


ドアに使用する木部以外のもので今回使用したのは
ガラス、取っ手、丁番、ドアクローザー、鍵。
金物選びは、施工効率も変わるしデザインにも影響する重要な仕事。

ネットでいろいろ調べられるのは便利だけど、ガラス屋、金物屋と
直接顔をあわせられてよかったな、と今回も思った。

最終的に現物の質感を見たり、業界の内情を知ることができたり、
いろいろなメーカーの新旧バージョンの製品を扱う金物屋さんでは
ユーザーの反応の良し悪しなど、参考になることがとても多い。
京都にはいくつか金物屋さんがあって、
それぞれ得意分野を持っているので心強い。
家づくりのときも、こんなのを探してるというと
幅広いカタログの中から経験でベストなものを探してくれ
すぐ在庫を聞いてくれる対応の良さで何度も助けられた。

今回、丁番とドアクローザーを選ぶためドアー完成時の重さを調べた。
荒木取りしたウォールナットを手に持って体重計にのってみる。
  木部全体     約 16 kg
  アイアン取手2本 約  5 kg
  ガラス…

家具で使うガラスのことも含め早速ガラス屋さんに
問い合わせ。炭山に来てくださった。いろいろ伺う。
強化ガラスと合わせガラスの昨今の動向やガラスの単位、
強化ガラスのふち3ミリくらいは焼きを入れてない話など。
(でないとちょっと衝撃があっただけで割れてしまうから)
今後家具で使ってみたい特殊ガラスや面取り加工の相談もできた。

板ガラスの比重は2.5。
板ガラスの重量kg=2.5×板ガラス厚さmm×板ガラス面積㎡
5mmの厚さで1㎡の大きさの板ガラスの重量は、12.5kg。

今回のサイズでは7.2kg。ワイド760と小ぶりなドアなので
ドアクローザも含めると合計30キログラムで納まりそう。
この耐荷重の条件を満たすもの。

…ここからやっと金物を選べる。ふう。
でも家具のデザインも広がってよかった。


IMG_3651.jpg


京都炭山朝倉木工ホームページ WORKS内 建具コーナー に
ウォールナットの店舗ドア  京都北大路 AIDANA  追加しました。
京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
Posted by 京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
投稿 2010年09月03日
最終更新 -0001年11月30日
-->