外壁にウッドロングエコ2度ぬり

2010_04_09_1162●

2010_04_09_1182●

外壁の杉板は施工時あまり乾燥していなかったからか
一度塗りではうすく、足場をはずす前に2度塗りした。
担当は父トシノリ氏。
足場をはずすまでの期間に限りがあったので
足場がなくなると届かなくなるところだけ塗って、冬が来た。
春になり、桜を見ながら作業再開。
やはり2度塗りのところのほうが艶もでている。

日々の雨で地面の土が跳ね返って外壁に少し付いている。
工場の天井高をなるべく高くとりたい、
長い柱の材料には限界がある、ということから土台部分を高くしたのは
外壁を守る意味でも良かったようだ。


京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
Posted by 京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
投稿 2010年04月12日
最終更新 -0001年11月30日
-->