春の昼下がり

2010_03_13_0585.jpg

セルフビルドを始める前、先人としてはなしを聞くことができる方々が身近に3世帯あり、どのようにセルフビルドを進めるのか、資材の選択、いろいろな面でイメージづくりができ、実現の大きな助けとなった。楽しそうにやっている姿がなにより背中をおしてくれた。
そのうちの1家族、前職時代の先輩が東京から炭山に来てくれた。

昨年夏手伝いに来てくれたときは外壁の透湿防水シートを一緒にはってくれていたこの建物。床はりや断熱材施工の話から広がるひととき。
お二人は電気工事士の資格をもっているので、
住んでみて変えたい箇所がでてきても自分達で施工できる。

うぐいすが鳴き始めた炭山。
朝はチュチュチュ、チッチッチ、ホーホーホーホケキョケキョ、ピーーピィーー、ボーオオ、コケコッコオオオ(昨年の家づくり中も朝と昼3時ごろに鳴いていた近所の鶏)、と
何種類もの鳥がほんとになにか話しているような騒ぎ。
夜はすぐそばの小川に鹿がきて、ときおりキュイーーンと泣き声が響く。
ヨモギの新芽やオオイヌノフグリが出てきて空気が春のにおいになってきた。



上記 「京都炭山朝倉木工」 をクリックするとトップページに戻ります
京都炭山朝倉木工ホームページはこちら
京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
Posted by 京都炭山朝倉木工 KYOTO SUMIYAMA ASAKURA MOKKOU
投稿 2010年03月13日
最終更新 -0001年11月30日
-->