京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

ウォールナットのキッチンキャビネット 

s400●2016-02-21 011
ウォールナットのキッチンキャビネットをつくった。
s400●2016-02-21 043
お箸などこまごましたものを
s400●2016-02-21 044
お盆や大皿は抽斗内部にたてて収納。重くなるので重量スライドレール仕様。
s400●2016-02-21 045
扉内部はゴミ箱。キャスターで出し入れ。又引き出さなくても使えるように箱内部のままでもゴミ箱蓋が開くように・・・。
うまくいきました。使いやすそうです。
ゴミ箱問題はいつも悩まされます。人によってご希望も様々ですし。
我が家もなんとかしたいです。答えが見つかりません。
s400●2016-02-21 033
trackback: -- | comment: 0 | edit

木の家具40人展 無事終了しました。 

2016-06-05 018
木の家具40人展無事終了しました。
今年も注文の仕事を乗り越えながら、新作を発表することができました。
来てくださった方、同業者の方、お世話になった皆様ありがとうございました。

個人的には同世代の同業者の出展が増えたり、遠方から友人が訪ねてくれたりで
夜な夜な木工談義に花咲かせたのが楽しかったです。
同じ時代に同じ仕事で切磋琢磨できる相手がいるというのは素晴らしいことだなと思います。
まあ負ける気はありませんけど。
2016-06-05 033
栗のラウンドテーブル1200Φ 新作
栗の個性的な木目。好きな感じです。
花々脚。
2016-06-05 039
欅の隅切盆。かなり大きく迫力があります。
単純な形ですがバランスの取り方は無限。奥が深いです。多分一生作り続けると思います。
制作はとても楽しく、かなりしんどい。達成感特大です。
この欅の木目は銘木的には値打物というわけではありませんが木目色合い共にかなり好み。
2016-06-05 002
定番のオーチェア。ウォールナットの虎模様綺麗!オーチェアはラウンドテーブルにも似合います。
2016-06-05 047
栗の本棚。新作。かなりの収納量でお部屋の象徴的存在に。
陰影が綺麗です。
取手はもっと他に答えがあるような。も少し悩みます。
trackback: -- | comment: 0 | edit

こしおしうつくし 

DSC_0422[1]
木工家ウィークの木の家具40人展スタートまであと2時間。
メインの新作展示物まだしぶとくつくっています。
こしおしあいがき綺麗に納まりました。

いや~なんともこの足掻き毎年やってるな。ヘロヘロです。
木屑といっしょに土に帰ってしまいそう。
trackback: -- | comment: 0 | edit

ウォールナットの棚 (お仏壇) 

2016-03-12 102
ウォールナットで棚(お仏壇)をつくった。
最愛の父の遺影たてを製作して欲しいとのご依頼。
大きな重責。ありがたくもいつもにましてに身悶えた製作となりました。

ものづくりは勇気が必要です。

信州松本で仏壇製作の勉強会に参加させていただき
仏壇の歴史や制作上のルールや決まり事を学んだことが
手を動かし始める勇気を絞り出すきっかけとなりました。

材は最高ののものを用意していたのでスタートきってからはスムーズな製作でした。
一周忌に間に合ってむねを撫で下ろしています。
2016-03-12 094
同じデザインで経机も製作しました。取手は木製で木口金消粉蒔き。
2016-03-12 124
前板は総縮みのウォールナット。これはかなり貴重です。
2016-03-12 140
裏板、内部はメープルの縮杢。扉を開けた内部は明るいイメージに。
2016-03-12 090

オーダー :   (・・・・こんなふうに偲ばれているお父様がうらやましく思えたご依頼、敬意とともに。) 
            
           『 当分の間というか自分が亡くなるまでは、お骨をそばに置いて一緒に居たいと母は申します。
            家族も同じ思いです。 「仏壇」 というものに納めておきたくはありません。
            「お骨と写真を飾っておく棚」 といったものをご依頼させて頂くことは可能でしょうか?
             ・来客等の時にお骨や写真を隠せてしまえるような扉がほしいです。
             ・家具自体はあまり大きいものではなくコンパクトな方がよいです。
             ・小さなテーブルのような物があれば、御食事や好きなコーヒーを少し お供えしたいです。』

trackback: -- | comment: 0 | edit

栗の本棚とリビングボード 框組扉の仕上げ 

thread: 家具・インテリア | janre: ライフ |  trackback: -- | comment: 0 | edit

玄関チェスト スリッパ収納 

2015-05-15 018 s400
ウォールナットの玄関チェストをつくった。
スリッパを収納します。
遠く北海道からのご依頼でした。

なんてことない小さいチェスト。
作ること自体は職人的に難しくない。

でもこういう小ぶりな箱物に良い佇まいを持たすのは簡単ではないです。
ほんのちょっとの気遣いの集合なのです。油断は禁物。

いいセン出た!と思います。

2015-05-15 017 s400
trackback: -- | comment: 0 | edit

ナラのTVボード 

ナラのTVボードをつくった。
すべて一枚板で構成されています。
厚さが一寸を切るナラ材でいえば僕の木工人生で最良の材だったと思う。
非常に質の良い材で製作も至極スムーズで、品よく美人さんに仕上がりました。

・・とここまでブログを書いて最良の材ってなんやねんと自分のツッコミが入る。
節があったり割れがあったり癖のある材を使っても品よくまとめ上げるのが
デザイン力、木工力やろ!という自分も同じ体に住んでいます。
どちらが正解という話ではないですが。

ものづくりは葛藤の連続です。
2015-07-12 008
2015-07-12 011
最高の景色をバックに設置。
2015-07-12 051
2015-07-12 069
建築は大彦さん良い仕事されています。 http://www.daihiko.jp/index.html
trackback: -- | comment: 0 | edit

ビッグチェストとの再開 

s640●2014-09-25 001a7 - ●
来年につくらせて頂くダイニングセットの打合せに行って、2年前に作ったビッグチェストに再開。
良質なチェリーが美しい飴色に育っていて,我つくったながら溜息出るほど美しい。

とても愛用されている旨をプレゼンしてもらって,とっても幸せな気分になったのでした。
2014-09-25 016
ちなみにこのチェストはうちの次女とほぼ同じ誕生日。
trackback: -- | comment: 0 | edit

檜で神棚の台 

2014-04-27 031
檜で神棚の台をつくった。
神具ということもあり伝統的な形態を踏襲しつつ
モダンな空間にも馴染むようデザインした。
壁面に吊りこみ、以前納品したテーブルもメンテナンス。
喜んで頂けた。

我が家の神棚も同じタイプ。この神棚の台うちにもつくりたいな。

2014-04-27 059

2014-04-27 040
trackback: -- | comment: 0 | edit

玉々脚の小さいテレビ台 ウォールナット 三重 

 s4002014-03-08 057
和の小部屋に小さいテレビ台をつくった。
とにかく杢の綺麗な材でした。
カーリーウォールナット!と名付けたくなる良材。

玉脚で本体を浮かし、格子の引戸で軽やかに。

いいね!
trackback: -- | comment: 0 | edit

チェリーのスリムな食器棚など 

2014-02-06 033
4本足のダイニングテーブルに オーチェア。 
サイドテーブルTAKEは依頼主の希望で天板フラット。

そして冷蔵庫横にスリムな食器棚。棚板沢山でスリムな割に収納力抜群です。
取手は同じチェリーですが木口に金粉を撒いています。
金の取手。見た目ピリッとでも摘むと木の感触。
 2014-02-06 039  2014-02-06 040

trackback: -- | comment: 0 | edit

3枚引き戸のTVボード w1600 

 s4002014-02-06 ●016
3枚引き戸のTVボードをつくった。
シンプルなデザインだけに板厚格子の割付などミリ単位で何度も作図検討します。
ホントたった1ミリ2ミリで印象が大きく変わります。難しい。

家具の図面は手書きを良しとしています。結局自分で手を動かして作るのだから
制作段取りを考えながら手書きをすれば詳細寸法までほぼ頭に入るので(ほんまか?)
制作がスムーズに進みます。

でもこういう格子ものはPCで書いたほうが効率良かったかな。

気に入ったので次はウォールナットで制作します。
6月6~8日の木工家ウィーク40人展でお披露目したいです。
trackback: -- | comment: 0 | edit

チェリーとメープル杢のテレビ台 

IMG_2725.jpg

抽斗の前板に、ものすごくきれいな杢の入ったメープルを使ったテレビ台をつくった。
本体はチェリー。

本体と抽斗の樹種を変えるのはちょっとしたチャレンジ。
依頼主の希望があってのチャレンジだったがそれに応える形で新たな可能性を体感することができた。
オーダー家具ならではの出来事かなと思う。


チェリーはこれからどんどん飴色に経年変化していく。
メープルの経年変化はとてもゆっくり。
本体と抽斗のコントラストはどんどん強くなっていくだろう。

数年後いい感じに経年変化したテレビ台と再会できるのを今想像している。





IMG_2730.jpg
IMG_2695.jpg
trackback: -- | comment: 0 | edit

チェリーの玄関キャビネット 

IMG_1951●628

これから納品です。
チェリーの玄関キャビネット。綺麗にまとまったと思う。良い感じ。
時間が許せば自分ち用に同じものをつくりたかった。が叶わず。
依頼主の期待を超えられそうか?
納品前の緊張感はいつもほどではない。

_____________________________

5月は毎年一年で一番忙しい。いろんな締切が同時にやってくる。
注文して頂いた家具を製作する日常
年数回の展示会
夏から秋にかけてご依頼頂いてる新作のデザイン及びお見積り
どれもおろそかにできない大事な仕事。
同時進行できる能力をもっと鍛えようと思う。

それと最もおろそかにできないのが安全、健康。
家具屋の仕事の中で実は納品が一番危険なんじゃないかと思っている。
製作でへとへとになったまま長距離運転なんて良くある話。

超安全運転で無事帰宅することをここに宣言して納品に出発します。
僕とばしがち あかんであかんで。
trackback: -- | comment: 0 | edit

チェリーの絵本棚 3段 抽斗付き 

IMG_9418●628

横浜市I邸に絵本棚を納品しました。
この手の絵本棚はサイズの割にはたくさんの材積を必要とします。
無垢の広葉樹で製作する場合はその材積で重々しくなりがち。
特に朝倉木工では裏板も無垢で製作するのでそれがデザインするうえでの懸念でした。

本を支える部分の桟やスリットの幅に変化をつけリズミカルに軽やかになるよう工夫しました。
中央オープンゾーンはおもちゃ箱など。
下段にスリムな抽斗が二杯ついています。
良い感じにまとまりました。我が家にもぜひいつか作りたいです。




ま 普通っぽいと言われれば普通の本棚なんですが、
こういう普通の実用的なものを、ちよっと良い素材で、ちょっと上質に
ちょっと使いやすく、ちょっとセンス良く考えてつくるのは注文家具の
仕事の面白みの一つです。難しいことなんやけど。

家具に限らずのことやけど、長年愛用できそうな普通にいいものってなかなか無いよなー。


IMG_9416●628
trackback: -- | comment: 0 | edit

深夜工房 チェリーのTVボード 

IMG_9716●628

IMG_9717●628

IMG_9723●628

いい感じ。
明日納品。
喜んでもらえたらいいなぁ。

⇒ 京都炭山朝倉木工 HP  
trackback: -- | comment: 0 | edit

マガジンラックキャスター付き チェリー 

IMG_9450●628

昨年末に東京へ納めたマガジンラックです。
地面からちょっと浮いてるように見えるのわかる?

外部からは見えないところにウレタン車のキャスターが仕込まれていて自由自在にリビングを滑走します。
これはとっても便利だ。
色々と滑走もののバリエーションも思いついているので自邸用に形にしてみようと思っています

ウレタン車はフローリングをよごさないのが良いです。

⇒ 京都炭山朝倉木工 HP  
trackback: -- | comment: 0 | edit

テレビボードの裏板 知ってもらいたい 

IMG_9557●640

昨日お知らせした通り、箱物の裏板の話をと思ったけれど
書きだしたらとても長くなりそう。

箱物にとって裏板は躯体の直角を保ち、強度を維持する大切なパーツです。
ここをきちっと納めることなしに、正確な抽斗や扉の施工はあり得ません。
単なる目隠しではないのです。

納め方にはいくつかバリエーションがあって、これは無垢材を片胴付きではめ殺し。
見た目はこのタイプが一番きれいで、僕は最も多用します。
本体を欠きとって後付けで裏板をはめ込んだほうが良い場合もあります。

裏板に関しては突板を使うことも吝かではない。(実際にはやや躊躇いもあるが・・)
内寸が確保できたり、材料の伸縮を無視できるので、本体が大型化した時など強度アップに効果的。
もちろんコスト削減も大事な問題だ。

話が専門的になってしまいました。そういうつもりではありません。
何を知ってもらいたくてこれを書いているかというと

殆ど見えなくなってしまう箱物の裏板ですが
 一事が万事 といいまして、こういう所をちゃんと作ってこそ感動させる(できる)ものづくり
なんだよな~ と心の中で繰り返し呟きながら製作している僕の木工に対する真面目なこころです。

⇒ 京都炭山朝倉木工 HP  
trackback: -- | comment: 0 | edit

テレビボードの組立 

IMG_9528●680

今年はもう少しブログアップするぞ!
とテレビボードの組立を終えてパチリ。
わお言ってしまった。

2メートル超の箱物の組立はスピード勝負。
万全の段取りと無駄のない手際が求められる緊張の工程です。
首尾よく終えてホッと一安心。
ものづくりはこの緊張と緩和の繰り返し。
勇気がないと進めません。
大袈裟ちゃうよ。


養生テープは裏板のスリットの幅を決めるスペーサー。
次は裏板の話・・・。


⇒ 京都炭山朝倉木工 HP  
trackback: -- | comment: 0 | edit

テレビ台の納品 

IMG_9176●

IMG_9188●

転勤が多いので大きすぎずシンプルなテレビ台を、というご依頼。
スピーカーなどを入れるための内寸設定。

シンプルだけどとてもしっかりしていて
比率も加工も組立も難しいけど気持ちの良いテレビ台。



trackback: -- | comment: 0 | edit