FC2ブログ

京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

8月2日 漆喰壁塗り 後日談 炭山ホットステーション 

8月2日、漆喰が足りなくなってしまった。慣れずに厚くなっていた。
朝倉木工から追加注文。→発注先→漆喰受注先
の最後のところの手違いでなんだか怪しい雲行き。
このままではおもいっきり塗りかけのまま取材当日になってしまう。

そういえば炭山に腕のいい左官屋さんの倉庫があるらしい。
昼間何回か伺ったがお留守でまだ顔を合わせたことがない。
『 さくあん 』さん。(むかしはさかんやさんのことをこう呼んだそう)
連絡して事情を説明すると、
『 倉庫に入って適当に探してもってけ! 』 
倉庫に行ってみると留守番のご家族の方がいて
事情を説明。カルクオールの半分弱入ったのがあったので
お言葉に甘えて頂戴した。早速塗ってみるとなんだかちがう。
とても塗りやすい。なぜだ?

後日さくあんさんのところを訪ねた。親方に会うことができた。
塗りやすかったのは、かなりしっかりまぜているからだそう。
我々は電気ドリルに幅70㎜くらいの板をくわえさせて
混ぜたが、そんなもんじゃ足りなかったようだ。
それからスイス漆喰カルクオール、悪くないけど、
『 その土地にはその土地の土壁が一番
  理にかなっているとわしは思ってる。 』
いろいろな左官見本がいっぱいでおもしろい事務所で
さくあんさんが参加されている
京都の町屋改修や技術保存に力を注ぐ京町屋作事組の活動についてなども
伺って、今の建築基準法について我々もセルフビルドしながら
疑問に感じた部分もあったので非常に興味深く時間が過ぎた。
『耐震実験の壁を塗ったこともあるけど、制限時間があって、、』
などときくと、耐震実験は注目していたけど内容をもっと厳密に見ないと
乾いた壁の強度が出てるかと気にしたことなかったので勉強になった。

『 町屋って今の建築基準法に適合してない。
でも結果的に長持ちさせることが可能なつくり。』
いまの建築基準法はざくっというと
筋違(ななめの補強)をがちがちにいれて、
土台基礎と木部もがっちり連結させて、という考え方。
本当はしっかり木組みしてあれば
しなる柳のようにがっちりさせないことがかえって強さとなる。
でもそういうのはどれくらいの精度で大工さんがきっちりつくったか、
不正を調べにくいから、筋違何本、ボルト何か所、オッケ!
っと確認しやすいようになってる現状があり、
いまは基準法に適合しないと住宅ローンも組めないからそうする
けど、その建て方がほんとーーーに正しいかはわりかし疑問もある。
ということはセルフビルドをしながらも設計のとよもとさんから
伺ったりしていてなんだかへんですねえと話題にものぼった。
ひとまずそういう現状を知りながら家づくりできたということはよかった。

注文していた漆喰も、担当の方が早朝から遠方へ取りに行ってくださり
予定より半日遅れだけでなんとか施工リミットに間に合った。

朝倉木工の塗り壁、おもいっきり素人らしい出来栄えだけど、
そんなこんなでいろいろな心意気が練りこまれました。
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 0 | edit

8月1日 壁を一部 漆喰で塗った 

2010_07_31_3419●

2階ショールームの南側と西側の壁を漆喰で塗った。
プラスターボードの紙の色は反射が柔らかくて
木の色とも合っていて気にいっていたのだけど、いよいよ。
塗料はいろいろ使ってみようと思っていて
今回はカルクオールという天然スイス漆喰を使ってみた。

慣れていないのでしっかり養生して(はみ出てほしくないところを
テープで守る)挑んだが養生そのものに結構手間取った。
準備その① 巾木(床と壁の境)天井縁(天井と壁の境)を杉で作り取付。
 養生。プラスターボードのV溝の上に布目状のテープ貼り。
 梁や柱との隙間につめもの。(どんどん入っていかないように)
 それらと、ビスの頭にパテを塗って一晩乾かした。
2010_07_31_3458●
 
準備その② 全体に下地剤を塗って一晩乾かした。
      下地塗りは気楽にできた。


2010_08_01_3464●

壁塗り当日。猛暑の中ライライさんが手伝いに来てくれてとても助かった。

2010_08_01_3469●

このへんに美味しくて有名なパン屋さんがあるとライライさんから
教えてもらって早速この日調べて買ってきた『たまき亭
食器棚も養生しちゃっていたから大皿にぎゅうぎゅうのせている見た目なのが残念ですが、どれも具の取り合わせが絶妙で美味しかった。 

2010_07_31_3444●
『 猫の手もかりたい! 』    『 …。』 『 …。』
trackback: -- | comment: 0 | edit

7月28日 2階ショールーム杉床板にオイルを塗った 

2010_07_28_3380●

『 塗って、拭き取る、塗って、拭き取る、、』
ようやく2階ショールームの杉床板をリボスオイルで塗装した。
生地色も好きだったけど、濡れ色も落ち着いた雰囲気に。
汚れても拭き取りやすくなったのが一番よかった。


注:写真左の猫は京都炭山朝倉木工にいる家猫
チバとクロのうちの一匹、チバスケ。
trackback: -- | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。