FC2ブログ

京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

父トシノリ氏のコツコツ土から畑づくり 

IMG_9100.jpg
父トシノリ氏の庭の畑づくり
石を掘りおこし岩がでてきたり、、、
我々は工房内で家具をつくりながら
見ていただけでも長い道のりでした。
コツコツことを進めて達成する姿に
ご先祖さまの北海道開拓民の血を連想しながら。

↓ビフォアー写真
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 0 | edit

江夏庭苑事務所 EGA 

IMG_7370.jpg
IMG_7366.jpg
IMG_7365.jpg

炭山内ご近所の 江夏庭苑事務所 EGA さんに
工房前の造園をお願いした。
朝の散歩コースに彼らの庭があっていつも気になっていたのだ。
何気ない砂利や敷石、石積み、植栽が
普通っぽいけど普通じゃない なんかちょっと違うなあと。
造園を人にお願いするなんてことはとても敷居が高い気がしたが、
時に背伸びして身の丈を超えた行動をとってみるのが
朝倉の習性。これで失敗することもたまにあるけど
チャレンジした経験と、すがすがしさは残る。
今回は大正解。限られた少ない予算の中、
センス良くまとめてくださった。想像以上の良い出来に満足している。
この植物を植えるとこんな鳥が実を食べにくる、そんな話に
日々の暮らしの楽しみがまた一つ増えた。

セルフビルドやDIYでの施工も楽しいが、
専門外の分野のことは思いきってプロにお任せして異分野との
コミュニケーションを図るのも家づくりの楽しみのひとつだと思う。


ホームページにリンク追加しました。



↓昨年7月のまだトタンに囲まれていたころの写真。

2010_07_17_3181.jpg
trackback: -- | comment: 0 | edit

震災より 早一ヶ月 

IMG_6989●

先日、庭に桜を植えた。
僕の背丈と同じくらい。
小さいながらも今満開の花を咲かせている。
庭はまだまったくの手付かずで一本の植木も生垣もないので
まさに荒野に咲く花という感じ。とても綺麗。
春の強風に幹(枝?)をゆらしながら咲く姿は健気にも見える。

桜は好きやけど、花びらや葉っぱが大量に落ちて掃除が
大変だったり、毛虫がつくイメージがあったので庭に植えるのには
抵抗があったけど妻の強い希望に押し切られての植樹。

でも植えて良かった。やっぱり桜は良い。
自分の心のいやしい部分が洗われる。
日本人であることを強く意識したりもする。

あの震災から早一ヶ月。自分は何ができるのだろう?
自分は何者なのだろう?
いろいろなことを改めて考えなおされる一ヶ月だった。

オリジナリティーがあって格好良く
使用していて感動できる木の家具をつくりたい。
もっと腕をあげてスピードUPを望みたい。
あの丸太がほしい。あの機械を導入したい。
少なくない家具製作の依頼に感動で応えたい。

一年365日四六時中、
自分自身の木工欲の中に僕はいる。恥ずかしいけれど。
でもそれだけでは木工を長く続けていくことはできない。

僕の木工の師いわく
『木が好きでこの仕事してるけど、人間のほうが好きや』
とおっしゃっていました。

ぼくもそうです。人付き合いがうまいほうではないし
愛想もたいして良くないけど 人が好きだ 
木工を通して人の暮らしを少しでも豊かにしたい 
喜ばせたい という気持ちが根底にある。
だから木工を続けていける。

ある木工の先輩は震災後、ボランティアの為に現地に向かう事を
表明しました。木工仲間達(商売敵達?)から多くの義援金、
物資が集まりました。人のやさしさと勇気に感動した。
復興までにはまだまだ長期的に莫大なエネルギーが必要ですが、
この日本人の他人を思いやる気持ちを継続して、
必ずや成し遂げられると信じています。
僕はこの場を離れることができない状況ですが
現実の仕事や生活を守りつつできる限りの後方支援をしていきたい。


もうすぐはじめての子供が産まれる。

出産ガンバレ 妻よ !

イロイロ ガンバロウ 僕 !

元気出そう 日本 !


IMG_7140●

IMG_7134● IMG_7145● IMG_7136●
trackback: -- | comment: 0 | edit

7月17日 外回りのトタンをついに外した  


2010_07_17_3190.jpg


7月17日 外まわりのトタンをついに外した。
はじめての雑誌の取材の話がきて、外観も撮影すると聞き
そういえば、あんまりですな、ということで。
家づくりのとき、隣家に工事の塵が行かないように
まわり囲いが必要だった。都合よくここには以前の管理者の方が
つくられたこのトタンの囲いがあって、新たにつくらずに済んで助かった。
ある程度家が出来上がるまでは、材料や機材を残して帰宅するので、
しっかりした囲いがあり鍵もかかったことで少しは安心できた。

支柱の木は雨で腐っていろいろな虫の天国になっていたけど
断面中央部は木肌の色も鮮やかのまま。
強くて、土にかえって、木ってすごいな~。と思いながら撤去作業。
ヤモリもこの騒動にあわてて避難↓。

やもり 2010_07_17_3186.jpg 2010_07_17_3188.jpg

trackback: -- | comment: 0 | edit

植栽 

2010_04_04_1095●

春。近所の庭の植栽がにぎやかになってきて
庭づくり熱が盛り上がるも、家のことは後まわし。
せめて工事現場感が抜けないままの砂利の玄関に
憧れのオリーブの木を2鉢置いてみた。
毎日風でたおれている。大きい石をとりあえず、、。

2010_04_04_1100●

竜のひげも50円で売っていたので試しに買ってみた。
けっこうかわいい。
これは家づくりを手伝ってくれていた父トシノリ氏が
セメント仕事のときの余りに一筆。
「、、、、宇治、、炭山朝倉木工、、、」(←もう固まってた)
おもしろいから玄関に置いている。




京都炭山朝倉木工ホームページ内 家具づくりブログ 更新しました。

下記 「home」または、 上記「京都炭山朝倉木工」をクリックするとトップページに戻ります
京都炭山朝倉木工ホームページはこちら
trackback: -- | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。