FC2ブログ

京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ウォールナット 木のドアー制作にまつわる話 その1 

IMG_3624.jpg


ドアに使用する木部以外のもので今回使用したのは
ガラス、取っ手、丁番、ドアクローザー、鍵。
金物選びは、施工効率も変わるしデザインにも影響する重要な仕事。

ネットでいろいろ調べられるのは便利だけど、ガラス屋、金物屋と
直接顔をあわせられてよかったな、と今回も思った。

最終的に現物の質感を見たり、業界の内情を知ることができたり、
いろいろなメーカーの新旧バージョンの製品を扱う金物屋さんでは
ユーザーの反応の良し悪しなど、参考になることがとても多い。
京都にはいくつか金物屋さんがあって、
それぞれ得意分野を持っているので心強い。
家づくりのときも、こんなのを探してるというと
幅広いカタログの中から経験でベストなものを探してくれ
すぐ在庫を聞いてくれる対応の良さで何度も助けられた。

今回、丁番とドアクローザーを選ぶためドアー完成時の重さを調べた。
荒木取りしたウォールナットを手に持って体重計にのってみる。
  木部全体     約 16 kg
  アイアン取手2本 約  5 kg
  ガラス…

家具で使うガラスのことも含め早速ガラス屋さんに
問い合わせ。炭山に来てくださった。いろいろ伺う。
強化ガラスと合わせガラスの昨今の動向やガラスの単位、
強化ガラスのふち3ミリくらいは焼きを入れてない話など。
(でないとちょっと衝撃があっただけで割れてしまうから)
今後家具で使ってみたい特殊ガラスや面取り加工の相談もできた。

板ガラスの比重は2.5。
板ガラスの重量kg=2.5×板ガラス厚さmm×板ガラス面積㎡
5mmの厚さで1㎡の大きさの板ガラスの重量は、12.5kg。

今回のサイズでは7.2kg。ワイド760と小ぶりなドアなので
ドアクローザも含めると合計30キログラムで納まりそう。
この耐荷重の条件を満たすもの。

…ここからやっと金物を選べる。ふう。
でも家具のデザインも広がってよかった。


IMG_3651.jpg


京都炭山朝倉木工ホームページ WORKS内 建具コーナー に
ウォールナットの店舗ドア  京都北大路 AIDANA  追加しました。
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 0 | edit

ウォールナット 木のドアー制作にまつわる話 その2 

ドアクローザーとは、ドアの上のほうにくっついているあれです。
開いたドアを適切なスピードで安全に閉める装置のこと。
ドアが閉まる時の音を和らげたり、急に風が吹いたりしたとき勢いよく閉まって指を挟む事故を防いだり、目立たないけどけど縁の下の力持ち。

今回はなるべくウォールナットの雰囲気のじゃまをしないものがいいな。
木の重りをひもでつるしていた前職の工場のドアーも好きだったけど、
今回は子供のお客さんが来る場所でもあるので安全第一で金物を選択した。

ドアクローザーの種類を絞り込む。大まかに、
・ドア上部に埋め込まれてアームだけが見えているタイプ
・箱がくっついているよく見るタイプ
・ちょっとごついけどアームだけのタイプ
 があった。
アーム以外隠したい気持ちはあったが、掘り込み寸法がおおきいのと
他にも今回は適さない状況だった。
アームだけのタイプはLAMPの新製品、依頼主も気になっていた。
でも店内と雰囲気が違いすぎて目立ってしまうのではないかというのと
価格が箱タイプの三倍するので
今回は箱がくっついているタイプで探すことに。
箱の部分がアンティークの形のもあった。かっこよかったけど
値段は箱タイプの10倍。
何か特別な機能が?と金物屋さんに聞くと、受注生産だからだそう。
以来、そのアンティークタイプを取り付けてある店舗を見ると、
その予算を出してまでこだわりたいんだ!感が伝わってくる。
寸法が大きくて、今回のガラス部分を大きく取りたいドアの上框では使えなかった。また板戸のときに考えたい。タイプは決まった。

各メーカー共通で開閉力の違いにより「番手」と呼ばれるランクがあり
一般的にドアの重さと大きさで選ぶ。風の強いビルの上の階などはサイズより
一つ上の番手を推奨されている。
1番 800x1800 ~30kg 室内用の中空木製扉など
2番 900x2100 ~45  玄関扉、アルミ製の扉など
3番 950x2100 ~65  マンションの扉など
4番 1050x2400 ~85  マンションやオフィスビルの大型鉄扉
5番 1200x2400 ~120  ビルやマンションのエントランス等の扉
6番 1800x2700 ~180  
7番 2000x3000 ~250

今回は2番を選択した。

次はアームの形状により「標準取付型」と「パラレル取付型」を判別する。
パラレル型、名前がいいな。 というわけではなく
「標準取付型」はドアの開く側に、「パラレル取付型」はドアの開く反対側にドアクローザーを取り付けるので今回はパラレル型。パラレル型は上枠の形状や寸法などによりブラケット(三角形の取付用金具)の形状を選ぶ必要があり、今回は店舗出入り口としてなるべく枠で通路を狭めたくない(枠は大工さんが施工済み)のでちょっと工夫した。

ここまできてやっと各社のシリーズを比べることができる。
なるべく小さくてビスをすっきり隠せて形がすっきりしているもののなかで、
最終的に困ったのは、色。
黒、だけの表記と 艶消し黒 と質感も書いてくれてあるところ、
アンバー の色がGBっぽいメーカーとブロンズっぽいメーカー、艶ありなし、
ばらばらだったこと。ウォールナットの今の色と時間がたってきた色と丁番と鍵の色、
それらにうまく合うアンバーがあったらいいなと思ったけど
メーカーからはサンプルを、ない所のものは金物屋さんに見せていただけて助かった。
カタログの色見本だけで決めなくてよかった。

バックチェック機能とかディレードアクション機能とか
そこからまだまだドアクローザーワールドは深く広がりがあった。
ドアクローザー、街を歩けばいろいろなところで頑張って任務を果たしているいじらしい存在、
見かけると、お!やっとるなーと思う今日この頃。
trackback: -- | comment: 0 | edit

ウォールナット 木のドアー制作にまつわる話 その3 プチコラボ 

このアイアンの取っ手、ドアへ取り付ける付け根の丸い部分の
接地面が並行でなく少しゆがんでいたので
若干の手直しを試みるも、金属疲労も心配なのでほどほどにして
革でクッションの役目をするものをはさんで取り付けることに。
木の中のタンニンという成分と金属は反応すると黒くなるので、
取っ手は塗膜をつけてあったけどはがれてきてもこれで安心。
もし反応しても均一にじんわり渋くなってくれるはず。

AIDANAの店主は革職人。
ほなやってみようか、と、さくっと作業開始。
いつもの革ナイフであっというまに綺麗に丸く革を切り、
ビス穴部分も的確に抜いてくれた。
黒い金属の下に挟まれた黒い革なので目立たない部分だけど、
見た目も隠れたストーリーも気持ちのいい納まりとなった。


IMG_3633.jpg
trackback: -- | comment: 0 | edit

トイレにはバッタと女神様 

京都炭山朝倉木工ではラジオを流しながら作業をしている。
最近そのラジオから、歌詞にトイレの女神様がでてくる歌がよくかかる。
トイレの建具の話題から。

朝倉木工の建物内の建具は
金具なし溝とケンドンのタイプ 下のみレールあり 下バリアフリー上吊り戸金具 
など今後の納まりの経験にもなるので様々にした。

2階入り口の向かいのトイレの建具は
家具を2階のショールームに出し入れすることが多いと考え
大きな家具も回せるように両方取り外せるようにした。
上に木部溝二本、下に埋め込みレール一本、
普段は閉じている側は40厚杉の床板に凹部2箇所、ケンドンで取り外し。
何かと便利だ。先日も、

 2010_03_22_0845●  2010_03_22_0843●  2010_03_22_0841●  2010_03_22_0834●

いそいそとトイレの戸を外し、、、待望の冷蔵庫! 養生腹巻姿で2階へ。


階段幅は他の柱芯より広くしたから十分だと思っていたが
検査用に付けたごつい手すりの厚みと、
冷蔵庫本体の持ち手が背面の上下についていたので
踊り場でくるくる向き変えが必要だった。

一まわり二まわり小さいタイプは年間消費電力が約9千、1万1千、、
大きいほど年間消費電力が少ない。コンプレッサーが大きいからです、と説明される。
炭山、スーパーコンビ二徒歩圏内になし。電気屋は売りつくし祭。
年間消費電力が7,250円の大きいタイプを選んだ。

設置は「昔のは後ろに空間を空けるようにといわれていたんですが
最近の冷蔵庫は側面に熱を逃がし上にあげる構造なので、後ろより
左右に必ず手のひらが入るくらいの空間を取るようにしてください。」と電気屋さん。

テレビが薄型に変わったり壁掛けになるとTVボードのあり方や魅せ方も変わり、
データー記録アイテムの小型化によってAVボードやパソコンデスクの
使いやすい抽斗の内寸もかわってくる。
冷蔵庫の納まりも説明書の寸法だけでは熱のことまでわからなかった。
電気屋さんにたまには寄り道することにしよう。



トイレの歌、興味のある方はこちら。おばあちゃんを思い出します。
trackback: -- | comment: 0 | edit

2009年の大晦日 

091220炭山玄関チバクロショット 109

    去年はトタンの倉庫が建っていたこの場所。
   建設途中から今日まで、訪れてくださった方々、
 はるばる炭山まで、本当にようこそお越しくださいました。
慣れないセルフビルドと家具屋開業の日々、心励まされました。

来年もこの玄関に多くの出会いがあることを楽しみに年を越します。

            よいお年を

           京都炭山朝倉木工
trackback: -- | comment: 0 | edit

玄関建具 組み立て完了 仮仕込み 

091018応接天井下地 玄関仮 061

091018応接天井下地 玄関仮 002

trackback: -- | comment: 0 | edit

玄関建具の組み立て その2 

       091016玄関建具組立 窓ガラス 045

 091016玄関建具組立 窓ガラス 030      091016玄関建具組立 窓ガラス 033

 091016玄関建具組立 窓ガラス 034      091016玄関建具組立 窓ガラス 046

trackback: -- | comment: 0 | edit

玄関建具の組立て その1 

 091011建具加工 チバクロ 008

玄関建具4枚分。
框はヒノキ
羽目板は床板の残りも活用して杉。



 091016玄関建具組立 窓ガラス 001      091016玄関建具組立 窓ガラス 032

 091014応接天井 043
trackback: -- | comment: 0 | edit

ヒノキの玄関建具 引き戸 

091010花背夫妻と玄関建具 006

材料は花背製材所より。
とても綺麗なヒノキ。
前職で使い慣れた木工機械と
あれこれ勝手が違うのをカスタマイズしながらの加工作業。

091010花背夫妻と玄関建具 018 091010花背夫妻と玄関建具 017


レールの取り付けも同時進行中。


091010花背夫妻と玄関建具 001

trackback: -- | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。