FC2ブログ

京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

地図 京都方面からの詳細 

 ■地図


京都駅から
JR奈良行き又は宇治行きに乗り
最寄り駅六地蔵駅まで、快速では11分、普通では15分から17分。

JR六地蔵駅、京阪六地蔵駅から
車で約10分~15分。
詳細はこちら。クリックで拡大します。


手書き地図-濃
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 0 | edit

地鎮祭 

地鎮祭風景

地鎮祭


地鎮祭は大げさでなくても気持ちがあれば、
というわけで身内で行った。
学生時代に制作した楢材拭漆の盛器を使おう。
漆の色がいい具合に木目を浮かび上がらせてきた。
お米と塩をお供えし、地元のお酒と新しいスコップも用意して。

       祈

trackback: -- | comment: 0 | edit

予定 概略 

============================

地鎮祭…… 2009 05 08

着工………………05 11

棟上………………06 20

完成予定……  2009 


============================
trackback: -- | comment: 0 | edit

花背製材所 

花背製材所

花背製材所 雑木

(準備中)
trackback: -- | comment: 0 | edit

設計①  

建築設計依頼を大学時代の先輩に打診した。
多忙のなか快諾してもらえた。
KOGA建築設計室のとよもとさん。

大学を卒業して約10年。昔の友人たちも社会に出て
各分野でプロとして活躍している。
そんな友人達と共同作業できるのも
京都に戻って独立する楽しみのひとつだ。

設計において、彼女のなかで温めているアイデアや企画を
この建物にどんどん盛り込んでいってもらいたい。
相乗効果でなにか楽しいものがうまれればよいな。
trackback: -- | comment: 0 | edit

工場 兼 住居づくり 

無垢の木の家具をつくり始めて十数年。
数え切れないほど家具をつくってきた。
その中で いつかは この家具が入る家や、家具をつくる工場を
建ててみたい気持ちが大きくなっていった。

そのいつかが今だ。
自分たちの働く場所、住むところを人任せにはしたくない。
いままで培ってきた ものづくりの経験や知識を家作りに活かしたい。

ただ、家は家具よりもだいぶん大きい。
使用する素材も様々で量も膨大。基礎コンクリートなど、
扱ったことのない素材も多々ある。
法律の知識もいる。
自分たちだけで工夫してなんとか建てられないこともないだろうが、
かなり時間がかかってしまうだろう。
しかも長く住めるきちっとした建物を建てたい。
協力者がほしい。

ハーフセルフビルドという選択をとることにしよう。


あまがえる
trackback: -- | comment: 0 | edit

工場は京都炭山 地図 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
trackback: -- | comment: -- | edit

工場(コウバ)探し③ 

音の問題やら金銭的な問題から
市街からはなれて土地を探す。

街中でも山奥でもない程々の場所には
市街化調整区域が多く
建物を自由に建てられない土地が多い。
土地には都市計画法で用途が定められているようだ。
知らなかった。
trackback: -- | comment: 0 | edit

工場(コウバ)探し② 

家具屋をつくる。
工場(コウバ)探し。
機械加工、手加工、塗装、全ての作業を行えるスペース。
材料置き場も必要。それなりに音も出る。
金銭的な制約も もちろんある。何より
つくり手が日々心地よく過ごせなければ良い家具は生まれづらい。
どこか良いところはないか?
工場探しはムズかしい。
この工程はとても楽しい。
trackback: -- | comment: 0 | edit

工場(コウバ)探し① 

家具屋をつくる。朝倉木工。
家具をつくる為には工場(コウバ)が必要。
まずは場所探し。
インターネット、雑誌、不動産屋など
あらゆる手段で情報を収集し、
狙いをしぼって現場に向かう。
前情報と実物には大きな隔たりがあることが多い。
値段が高めの物件には高い理由があって、
値段が安めの物件には安い理由があるようだ。あたりまえだ。
東京在住で仕事をしながら京都の物件探しは大変だ。
でもこの工程はとても楽しい。

 2008夏

京都タワー2


trackback: -- | comment: 0 | edit

家具屋をつくる 

家具屋をつくる。朝倉木工。
その為に8年ぶりに地元京都に帰ってきた。
ああ、なつかしい。
ここを拠点に作り手と使い手の両方を満足させる家具屋をつくる。
その記録。


trackback: -- | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。