FC2ブログ

京都炭山朝倉木工 ブログ 

無垢の木のオーダーメイド家具をつくる日々の暮らし 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

雨樋 5丁流れ 

          090923軒樋南面 004


南面の雨樋を取り付けた。

既存のトタン倉庫に使用されていた雨どいを
解体する際に救出しておいた。洗って乾かす。
実際の取り付け場所にあててみて帳尻をあわせ足したり引いたり。
角度を変えるエルボは買い足した物を使ったが
それ以外の南面軒先の分はすべて再利用でまかなうことができた。

一番高いところ(この建物では軒の中央)と
一番低いところ(軒の両端)では
どれくらい勾配をつければ雨水は滞ることなく流れるのか。
建築板金のり京さんに庇の板金をつけていただいた時に伺うと、
この場合20ミリくらいとのこと。
軒の中央と両端に水糸を張って位置決めした。

軒樋受け金物は、同じ位置に取付けても樋が違う高さになるように
サイズ違いの5本セットで売られている 『5丁流れ』で
垂木に横からビス止めタイプを6セット購入。

各束をばらして1番から5番に分ける。
勾配がつくように振り分けた受け金物を
水糸を基準に微調整しながら取付。

(北西端) 5 5 4 3 3 2 1 1 1 2 3 3 4 5 5  (北東端)

(南西端) 5 4 4 3 2 2 1 1 1 2 2 3 4 4 5  (南東端)

よその家をみても雨樋に注目してしまう週間。
彼岸花が咲き始めた。

四連休最終日。
この日は滋賀県からミヤハラ家のみなさんが訪ねてくれた。嬉しい。

 090923軒樋南面 007   090921玄関鴨居 003


エルボ
ホームセンターの陳列棚で見た
角度を変えるエルボは ベーグルパンのような形で。
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 1 | edit

箱庇(はこびさし)の下地を取り付けた 

090821 コンクリカット ミミズ 013

090821 コンクリカット ミミズ 003
trackback: -- | comment: 0 | edit

関東からの助っ人2組 初日 

東京と神奈川から二組の助っ人がやってきた。
ともに前職でお世話になった先輩。
かつて同じ職場で長年働いた仲なので、
こちらの意向はすぐ伝わります。
非常に助かります。

Mカミさん
寝室のフローリングを張るムラカミさん。
キリハラさんエリッチさん
箱庇下地の組立はキリハラさん
外壁にウッドロングエコを塗布するエリッチさん。

青ハタ


小鳩豆樂
trackback: -- | comment: 0 | edit

屋根がやっとできた! 

090810屋根おわり 012
最後の棟包みをシーリングワッシャーを挟んでビスどめして、
長かった屋根施工がおわった。

ホッとするのもつかの間。
遅れてしまったスケジュールをどうやって取り戻すかで頭が一杯だ。


090810屋根おわり 004
090810屋根おわり 014
trackback: -- | comment: 0 | edit

棟換気システム 

090807マープチ来る 006

今日は午後一から棟換気システムの施工をするつもりだったが、アスファルトシングルが太陽の熱でかなりやわらかくなっていて、屋根に上がれない。足跡がついて素材を傷めてしまう。

夕方涼しくなってから施工開始。
それでもまだアスファルトシングルは少しやわらかい。
ナンバ走法風にべた足で恐るおそる歩を進める。
垂木の位置を墨付けし棟金物の割付を考えて、換気口を作ったところで暗くなり作業終了。
友人のマープチと一緒に作業を進めた。
学生時代大学に泊り込んで制作していた日々を懐かしく思い出した。

090807マープチ来る 004


090807マープチ来る 002
trackback: -- | comment: 0 | edit

屋根が黒くなった 

屋根棟2

アスファルトシングルをほぼ施工し終わった。
ルーフィングの緑色が見えなくなり、全体が黒くなった。

屋根換気システムは
夕立ちが来たので明日に先送り。
屋根の上でカミナリは恐い。


屋根棟4

更新履歴 : 7月28日「中間検査」から数件追記しました。
trackback: -- | comment: 0 | edit

屋根施工終わりが見えてきた 

090805 アスファルトあと一日 015

太陽じりじり

頭くらくら

体ふらふら

靴のソールを二重にしないと立っていることもままならない。
屋根の施工は苦行だ。

ここ数日は、屋根の上でアスファルトシングルを施工している。
なかなか進まない。暑い。
我々は京都炭山朝倉木工。本業は家具屋なので木を扱う仕事は大体イメージ通りのペースでこれまで進んできたが、この屋根の施工の大変さは大きな誤算。だがやっと終わりが見えてきた。
嬉しい。

明日は棟換気システムを組む。



090805 アスファルトあと一日 011
シングルセメントを塗布
090805 アスファルトあと一日 007
綺麗に施工するためには墨付けは欠かせない。
trackback: -- | comment: 0 | edit

やねやねやね 

0801屋根

0801屋根2

斜めの体勢で動き回るのは意外に筋力を使う。
体が慣れてきた。

足場の一本棒に立ち作業するトシノリさん。


0801トシノリさん

trackback: -- | comment: 0 | edit

棟の水切り金物 

090801蛍光灯とよも友人いろいろ 059 burogu

夕立から非難している間に、
建築板金のり京さんに教えてもらったとおりに
棟の水切り金物の端を加工した。

trackback: -- | comment: 0 | edit

屋根⑤アスファルトシングル 

シングル3

アスファルトシングルをはり始めた。暑い。屋根の上は灼熱地獄。
かつ四寸勾配の上で動き回っていると、かなり体力を奪われる。
想定の1/3のペース。大変だ。屋根を葺いてみたい人募集します。

シングル1

①アスファルトシングルにシングルセメント(接着剤)を塗る。      助っ人にトシノリ氏。

シングル2

②下地のアスファルトルーフィングに貼り付ける。
  
シングル4

③シングル釘で固定。

シングル5

④しっかりと踏み固める。この繰り返し。   う~ん牛歩。
trackback: -- | comment: 0 | edit

屋根④水切り金物 

水切り金物
trackback: -- | comment: 1 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。